他国を炎にすると自国の地が燃える

こんばんみ☆

4月の半ばぐらいにみた明晰夢なのですが、

もう回避された未来みたいなので

書きまする。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

未来って沢山のルートがあるし、パラレルもあるしで

よくわからないのですけどね、

 

アメリカがもし4月半ばに北チョーに攻撃してて焦土としてたら

起こった未来だったようです。

 

 

「私」はなぜか50~100年後らしいアメリカのキレイな未来都市の公園みたいな場所にいました。

地方都市の街中の公園かなぁ。

 

今よりも、近未来的に整備されていて「ちょっと未来なんだよ」という感じでした。

 

そこに居たら、突然 地鳴り、地震が起こって、足元をみると、アスファルトの下から

マグマが出てきていて、

 

どこもかしこも、地面がマグマのようになってきて、

逃げ場がない!!と、大勢の人が右往左往して逃げ惑ったのです。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

house.jpg

そのうち、私は、住宅街に走って行ったら

シェルターのあるお家の女の子が「こっちに隠れるといいよ!」と

シェルターに入れてくれたのですよ。

 

そして

7~10日間ぐらいかなぁ。

ずーっとシェルターにおりまして、

 

この住宅街の地面はマグマはなかったのだけど、

どこかの大きな火山が爆発したのか?

とにかく地上がずっと火の海だったのです。

 

私はこれが明晰夢だとも、なんとなくわかっているので

「な、なんでこんな恐ろしい体験をしなければならないのだ・・」

とも思っておりました。

 

シェルターに隠れながら、

地震による振動と、地上が燃え盛る熱の感じに耐えながらも

静まったようなので

地上に出ました。

 

地上に出て、残っている建物から

食料を得るために、

車で走ってさがしにゆきました。

 

同じようにシェルターのある家に人たちは

生き残ったようでして、

そういう人たちが、同じように、食料を求めて

車できてました。

 

かなり人口は削減されてしまったようでした。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

そこで目が覚めまして、

 

他国を戦争で燃やすと、

「他国を燃やした」というカルマが

自国に還ってくるものなのだろうな、と思いました。

やはり因果応報なのでしょうね。

 

でも結局4月はアメリカは攻撃はしなかったので

この未来は無くなったか、とりあえず小規模化したのではないかと。

 

でも考えてみると

アメリカにしても、その他の国にしても

他国を焦土にした国なんて沢山ありますのでねぇ。

そのツケは、何かしらのカタチで、

そのうち回ってくるのだろうなとも思います。

 

だからどうしたっていう夢なのですがね。

アメリカは攻撃しなかったことは

未来の自国を守ったことでもあるのではないでしょうかね。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

んで、

そんな戦争にフォーカスしすぎるのもよくないので、

自分の好きな事をして、この世を楽しむのがいいですよな。

 

少し前に買った漫画たちですわ。

たくさん買ったぜ!

わが人生に悔いなし(ラオウ( ゚д゚))

manga.jpg

彼女は嘘を愛しすぎているは完結してしまった~!

おもしろかったっす。ありがとう、ありがとう!!

 

タラレバ娘は本誌では最終回でしたねぇ。

最終回を思わず立ち読みしてしもうた。。

 

こちらはドラマでの最終回をみていたもので

なんとなく似た感じなのだろうな、とは思ってました。

タラレバはあとがぎの恋愛相談がおもしろいよね!

 

おわり(´∀`)

 

 

スポンサーサイト

淡路島:アストラル・おのごろ島

淡路島のおのごろ島(沼島)のアストラル界での様相の明晰夢をみました。

 

前回の記事で「カップル運と関係がある?」と書いてしまったのですが

全然違うみたいでした^^;

 

訂正っす。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

オノゴロ島は、日本神話記紀に登場する島。特にイザナギノミコトイザナミノミコトによる国生み神話で知られ、神々がつくり出した最初の島となっている自凝島とも表記され、「自(おの)ずから凝り固まってできた島」の意味である

wikiより

 

ということなのですが、

 

アストラル・おのごろ島は、

日本神界が運営する、修行の場になってました。

(神と言えど元は宇宙の高次の存在という意味です)

 

 

夢が明晰化しはじめたところで、

とても美しい、島と海がみえました。

 

これは実際のものとは違うけど、おのごろ島だと思いました。

shima.jpg

イメージ

 

そして島へ渡ってみると

実際には高い山はないのだけど

 

とてもとても高い山があって、

まるで須弥山(しゅみせん)のようでした。

 

きっと須弥山ではないのですが

似たような感じなのかと。

 

そのお山の、アストラル空間だけ

別のものになっていた・・というのかなぁ。

それで切り立った山で異様に高い山なのです。

 

 *~*~*~*~*~*~*~*~

 

そしてその山の施設に入っていったところ

「アストラル戦士を育成する、養成所」

になっていて、とても厳格な雰囲気でした。

 

戦士だけでないのかもしれませんが

とにかく養成所で訓練所のようでした。

 

 

建物の中は白っぽいのだけど、

割と現代風でもありました。

 

受付に行くと、とあることが判明しました。

 

私はむかーーーしは、この施設で訓練していたそうなのです。

しかし、何か気に食わなかったらしくて、(私が・・)

施設を飛び出たらしいのですよ。

 

師匠がでてきて、

「しょうがないなぁーー」とまた受け入れてくれてました。

 

意外とこういう部分はおおらかなのだなと思いましたね。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

そして私は、現状をスキャンされまして、

今まで相当さぼってきたらしくて、

「さぼってきた分、鍛え直さないといけない」となりまして・・・。

 

山のどこかのまた亜空間へ連れてゆかれ、

1年間猛特訓になりました。

 

まるでオリンピックの柔道選手並みの猛特訓を受けていて

(俯瞰してわかる)

 

アストラル界なので「一年分」修行をだだーっとやってしまったのです。

 

相当しぼられたようで

目が覚めてからも疲れてました。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

・・・ということで おのごろ島は

厳しい修行の場であったということでした(^▽^;)

 

修行を終えたみたいなのですが

なんら変わるところはないんだけどねぇ。

 

 

アストラルおのごろ島の存在からしたら、

恋愛運とか、カップル運とか関係ねーよ( ̄Д ̄;;

しかも お前が昔、修行してたくせに、勝手に居なくなった場所じゃねーか!!

ということのようでした。

 

恋愛運とかは淡路島のほうなのでしょうね^^;

 

 

実際にある現地に行くと、

その土地の持っている波動からか

アクセスしやすくなる効果もあるのでしょうね。

 

 

おわり☆

 

淡路島:恋愛運編

いやはや、日付としては昨日になりますが、

親知らずを抜く日だったので、早朝から張りきって大学病院に行ったのですよ。

そうしたら、先月末撮っていたCTの結果が出ていて、
太い神経に隣接して親知らずがあることが確認されて、

「もし抜くなら、全身麻酔で入院です。唇に痺れが残る可能性もあります。」

「抜いたら、後から相当痛いです」

と言われましてね、とりあえず手前の奥歯の歯ぐきの腫れを取るべく、
部分麻酔して切開して

それで様子見になりました。

 

先日ロミロミのお客様から「無理して抜かないように」と予言されていたもので

「おお 抜かない方がいいフラグが立ってる!」と気づきましてね。

 

あと出発前になんとなく遅れてしまって、目の前で電車が行ってしまって、

次の電車が15分後とかで、駅についたらバスもいないのでタクシーにのるはめになったり、

なんか抜かないほうがいいフラグが立っていたのですよ。

 

で、結果的に今元気です☆( ̄▽ ̄)

よかったです・・とりあえず^^;

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

そして話は淡路島で、へんに恋愛運というか、カップルエネルギーを得てしまったという話です。

 

淡路島といえば イザナミ・イザナギの国造り伝説が有名ですがね

 

成田空港へ帰って来て、電車をひとりで待っていたら、

 

年の離れたカップルが私の間横で激烈いちゃつきはじめまして!

 

「えぇぇぇぇ!!なんてこった」

 

と思いつつ、電車がやっときたので乗ったのですよ。

 

そうしたら、斜め前でやはり若いカップルが、濃くいちゃつきだしまして!!

 

「えーーまさかの二回目か!!」

 

と思っていながらも、武蔵野線に乗り替えて、ホームで電車を待ってたら

 

今度は反対ホームで、若いカップルが、抱き合ってるじゃありませんか。

 

「3回つづくと、偶然じゃねーな」

と思ったのですがねぇ。

どうなのでしょうかね。

 

それで淡路島をまわってきて、

カップル運が私についてしまったのか?!と思った次第です。

でも私にはいらないからねぇ。役に立たないのだけどね。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

それでなんでそういうカップル運がついたのかな?ということを

考えてみますとですね

よくわからんです。

よくわからないけど、そういうエネルギーが淡路島にはあるのではないかなと思いました。

 

nusima.jpg

ポイントは沼島かなぁ・・??

 

縁結びをうたっている場所で、初めて「ここはそういうエネルギーあるな」と

感じた場所でありました。

個人差あるのでしょうけども(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

 

こういう恋愛運をゲットするコツは

意外と「直球で願わない」ところなのかなーと思います。

 

私はこれっぽっちもカップル運は淡路島で望んでませんでしたからねぇ。

 

あと、アメリカの大富豪と結婚したアンミカさんも

「手に入るまでは欲しがらない」のがコツ

とTVで言ってましたしね。金スマだったかな。

 

でも、欲しがらないけど、ちゃんと行動はする、努力はする

というのもポイントなのでしょうね。

 

手に入るまでは欲しがらないって

すごく的を得た格言だよなぁ・・。

 

アンミカさん、色々なコンプレックスも努力で克服してきた感じが

いいのですよ。

すがすがしい!!

気持ちの良い人間は好かれるもんでしょうしね。

そうありたいものです。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

で、話はかわりますが、

最近、ロミロミのときに

天然石のアクセサリーも置いているのですよ。

製作するのが好きなんです。

 

数年前ワイヤー教室に通ってたときに覚えたスキルで

色々作成しておりまして、

 

意外とどんどん売れてしまい、

つくるのが追いつかないのですが、

今日こんな二つをつくりました☆

 

サンストーン

サンストーンとアパタイトのリング

(フリーサイズ)

 

ラブブレスレット

ラブラドライトとアジュライト、ラピス(さざれ)のブレスレット

(サイズはその場で調整します)

 

そのほかにも色々あるのですが

写真を載せるのが間に合わず^^;

 

ロミロミにお越しいただくお客様で

もし興味がある方は

ご一報ください♪

お持ちいたします。

 

通販などはまだしてません。なにしろ品数がそろわないもので。(゚ー゚;

 

私が腕も指も太いのでねーー。

太い人でもそうでない人でも

幅広く対応できるように作ってます。

ワイヤーは真鍮なので、金属アレルギーのある方はNGですが、

マクラメ編みブレスなどもありますヨ。

ワイヤーは太目ので頑張って作ってます。

ブレスレットはメガネどめでがっちり作ってあります。

 

値段はだいたい1500エン~6000エンぐらいです。

石が高いのはどうしても高くなりますが

ロミロミに来て頂いている上に、

あんまり高いのもなんなので、

あまり高くならないようにしてます^^

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

6月のロミロミのご予約枠を更新いたしました☆

http://lomiline.web.fc2.com/reserv.html

 

沖縄に行くもので、

日にちが少ないのですが

よろしくお願いいたします☆

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

アセンション死した人は記憶に残らない

こんばんみ☆( ̄∇ ̄+)

 

アセンション死した人は記憶に残らない

という、マニアックなタイトルでございますが、

 

少し前に、風呂に入ってぼーっとしてたら

はっ

「忘れていた記憶」を思い出したのです。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

それは、

「今ここ」ではもう存在しないのだけど、

シンギングボールで体調をすぐに治してくれるスピ友Aさん(男性)

という人がおりまして、

 

私:「Aさん・・アセンションしていってしまって、

肉体的には、こっちの世界を離れたから、

今までみたいに、私が体調悪いといっても、

すぐにシンギングボールで、

しゃしゃーーっと、体調治してくれないんだよね、残念だ」

 

と記憶の中で言ってましてね(私が。)

 

 

私:「あーーAさんの記憶を消されていたのだった!!(でも思いだした!)」

と思いだしたことに驚きましたよ。風呂の中で。

 

 

Aさん(男性)は、

boll.jpg

こんな感じのシンギングボールをいつでも携えて、

色んな人の体調の悪さを、無料で治しまくってた男性だったのです。

人間性も温和で、すぐれた人でした。

 

で、アセンションによってこっちでの肉体は死んでしまったのですが、

次元の高い世界(パラレルワールドともいうのか)で、

今度は活躍することになっている・・という情報が入って来ました。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

で、なんで記憶に残らないハズなのに、私が思いだしたか?というのにも

意味があるのです。

 

それは、上の画像のような、Aさんと同じシンギングボールを持った

「女性」に、最近出会ったのです!

 

男性と女性と、性別の違いはあれど、

エネルギーが同じなのですよ。

 

 

女性はtwさんと言うのですが、

とても謙虚でありながらも、素晴らしいサイキックでして

素敵な女性なのです。

 

それで出会ったばかりだというのに、

昔からのスピ友Kさんがtwさんと友達で、

なんか急に一緒に久高島に行くことになりましてね。

驚き桃の木なんすよ。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

で、私の前に再びAさん(男性)が、twさん(女性)として

現れた理由として考えられるのは、

 

彼(彼女)の存在がこっちの世界にも必要なのでしょうね。

 

本当はもう必要ないと予想できたから

去ったのかもしれませんが

 

どうしても必要になったのでしょうねぇ。

 

すごく不思議です。

 

今度は女性なのは、

「女性のほうが目的に向かって行動しやすいから。」

という理由なのかと思います。

 

この世界では女性のほうがやりやすいみたいです。

 

生まれるときにも、

この世で成し遂げたいことに

有利な性別に生まれるものですしね。

 

しかしね、

ってか、ナニ?!この記憶!(゜Д゜;≡;゜д゜)

きっと久高島でなにかあるのではないかと。

 

とても意味があることかと思いますので、

久高島ではtwさんを盛りたててがんばろう。∩(´∀`)∩イェーイ

 

そのために私の記憶が一部戻ったのでしょうからね~。

 

あと、「アセンション死した人の記憶は消される」

というルールがこの世界にはあるのですねぇ。

 

それも面白いですね。(^O^)/

 

 

おわり☆

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

5月のロミロミは

5/23(水)・新宿サロン 
(1) 16:30-17:40(70分)

のみが空いております。

もしご都合よければお願いいたします。(^O^)/

→ご予約はこちらから♪

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

光と空と愛の部屋(三途の川)

ご無沙汰しております♪

先週は回転性めまいになっておりまして、寝ておりました。

今はほぼ治りましたよ。( ̄▽ ̄)

 

耳鼻科で検査したら低音が聞こえずらいのが判明しまして

加えて耳鳴りもあるし、アレルギー性鼻炎もあるしで、

そういう体質ですと、

回転性めまいのなりやすいのですって。

 

あと、季節の変わり目とかストレスや疲労でなりやすいのだそうです。

急に暑くなったり寒くなったりしてましたからねぇ。

みなさまもご自愛くださいね。

(ロミロミのお振り替えのご案内もメールで差し上げておりますので、

該当する方はお願いいたします。)

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

前回の古墳の話以来、

古墳の話のつづきもあるのですが

やはり触れてはならない面があるようでして、

記事にすることはないのだけど、

 

賢くて洞察の鋭いヘミ友さんからアドバイスを頂いたりして

感謝でございます。

古代は、今こちらの概念とは違いますしね。

 

 

そして眩暈で寝ているときには、

色々な明晰夢をみていたのだけど

ほとんど忘れていまいましたがねぇ。

 

今、北チョウの問題で、

メディアによって、恐怖の念を植付けられている面ってあるじゃないですか、

寝ていてそれをすごく感じましたね。(テレビは全然みてなかったけど)

 

で、そのマイナスエネルギーを

軽くするには、色々試したのですが、

ライトランゲージ(宇宙音または、宇宙語ともいう)が一番効果的でしたよ。

 

「愛」もよいのだけど、意図が入るので、ちょっと重くなってました。

 

そのほか荒れたアストラルゾーンでは、

金の粒を撒いて回ったりしてましたねぇ。

 

金の粒・・どっから持って来たんだ>わたし。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

そして話は本題なのですがね、

 

光と空と愛の部屋(三途の川)・・ということで、

 

光と空と愛の部屋 だけだと、偽善臭がするのでね

三途の川を付けましたが

 

三途の川の役目をするものが

空の上にもあったよ!

という話です。

 

 

明晰夢なのですがね

空の上につづく階段を

どんどん登っていったのですよ。

 

階段は、

螺旋階段のようになっていたかと

思います。

 

そして「空の上のへや」に着きました。

 

その部屋の上には天井がありませんでした。

 

ここは、

「光と空と愛の部屋」

なのだと、

どこからか説明が入りました。

 

 

アストラルの私は

「あー、これ以上 上に行くと、

集合意識体になっちゃうからなぁ・・・アブネー。」

と言ってました。

 

空の上の部屋

絵のように、

壁の上の、上空は

もう集合意識ゾーンでして、

 

ここを境目に

集合意識に還るということは

三途の川と同じものであるようでした。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

階段と足

そして階段を下ろうとしたら、

足元に黒い「すがるエネルギー」がくっついていたのです。

(ちゃんと足があったw)

 

アストラルの私は

「こういうすがってくる存在にも、怖いとか、嫌とか思わないで、ただ愛エネルギーでくるめばよかったのだなぁ・・」

とか思ってました。

 

今書いていて、

アストラルの私、偽善的にも感じますがねぇ。

 

アストラルの私としては、そう感じたようでした。

 

それで目が覚めて

もう一回寝たのだけど、

 

そのあと説明があって

「この空の境界線を超えたからといって、即 肉体の死になるわけではない」

とのことでした。

 

なるほどでした。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ということで空の上にも、あの世とこの世の境目があった

という話なのですがね。

 

そういえばアストラル界で、

ライトランゲージ(宇宙語)のあとだったので、

波動が軽くなってて、ここへ行ったのかと思います。

 

しかしすがられる存在も足に付けていたので

そういうこともあるのでしょうね。

 

 

私は宇宙語というのは、最初はMさんの講座で習って、

そのあと、宇宙空間で実際にどこかの宇宙人のものを何度か聴いたりして、

 

さらにそのあと、ヤンタラさんの動画をみたり、ルピさんのを聴いたりして

出るようになったのですが

※ルピさんの絵のページ「ルピの蔵」→☆☆☆

 

リアルの声は低いのでなかなか肉声に出すのは難しいのですけども、

アストラル界で発しても効果があるようでした♪

 

なんとなく自分から出る音というのがあって

そういうのでオッケーみたいでした( ̄▽ ̄)

 

おわり☆

 

Page top